オルニチンでよく言われるアルギニンとは?

身体に筋肉をつけたい。
脂肪を燃焼させたい方でジムでのトレーニングとともにサプリメントを利用されている方も多いです。
定番のアミノ酸系のサプリメントですが、アルギニンやオルニチンなどどれが良いのか悩みます。
両者の違いとはどんなところにあるのでしょうか?
アルギニンのもつ能力として血管内で一酸化窒素を生成を高める働きを持っています。

一酸化窒素は血管を緩める効果があるので、血流量を増やし血行を良くすることができます。
さらに一酸化窒素には血管内を清掃する役割も持っているので、血管の老化防止としても欠かせない栄養素です。
食べ物では肉・大豆・ナッツ・牛乳などに多く含まれているので食事からの摂取がしやすいです。

このほかではオルニチンと同様に肝臓の機能を高める働きや、成長ホルモンの分泌を促進する働きを持っています。
疲労回復にも役立っているので、いつまでも若々しく健康的に過ごすにも、美容やダイエットとしてもどちらも欠かせない成分です。
両者の違いとしてオルチニンは安全性が高く副作用の心配はありませんが、アルギニンには副作用の心配があります。
正しい摂取量をきちんと守ることが大切です。
そして成長ホルモンの分泌には、アルギニンとオルニチンどちらにも合成作用があるので一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。