オルニチンってどのように摂れば効果が出やすい?

昔から、お酒を飲んだ後にはシジミ汁と言いますね。
その歴史は古く、江戸時代にまでさかのぼるということ。
当時にはシジミ売りの姿が見られたそうです。
当然、どんな成分がどう良いかまで知られてはいなかったでしょうが、健康でいられる実感があるからと考えられています。

シジミには多くのオルニチンが含まれていて、肝臓に直接働きかけます。
肝臓でオルニチンサイクルと呼ばれる回路が有害なアンモニアを解毒します。
身体を疲れにくくし、代謝の向上にもつながります。

ダイエットにも美容にも効果を期待することができるのです。
アンモニアの解毒を行うことで加齢臭を抑えることができ、まさに中高年にとってオルニチンは魅力的な成分なのです。
ではどのようにして摂取するのが良いのでしょうか。

安全性の高い成分なので、摂取の仕方に制限はありませんが、何よりも大切なことは継続することです。
そのために摂取する時間を決めることがおすすめです。
また、過剰摂取は栄養バランスを崩す恐れがありますので、一日の目安摂取量はきちんと守るようにしましょう。
まれにアミノ酸のサプリメントを取りすぎると、胃痛や下痢の症状を訴える方がいます。
胃腸に不安のある方は、空腹時の摂取は避けたほうが良いですね。