オルニチンは血液中に溶け込んで初めて効果が出る

お酒が大好きな方にとって、オルニチンは心強い味方です。
昔から、二日酔いやお酒を飲みすぎたらシジミの味噌汁が良いということは聞きますが、シジミにはオルニチンが豊富に含まれていることが関係しています。

血液内を循環することのできる遊離アミノ酸と呼ばれる成分です。
なぜ血液中に溶け込むオルニチンがお酒の飲みすぎに良いのでしょうか?
食べたことで摂取したオルニチンは肝臓へ運ばれます。

肝臓で尿素回路という独自の働きを行い、アンモニアなど人体にとって有害な毒素の解毒を行ってくれるのです。
身体から毒素の排除に役立つことで、私たちの身体は健やかに正常な状態を保つことができます。
要するに、飲みすぎによる弱った身体を元気にしてくれる力を持っているのです。

オルニチンはお酒の好きな方だけに必要な成分ではありません。
肝臓での働きのおかげで体内の代謝を上げる役割もあります。
また、成長ホルモンの分泌を促す作用もあるので、美容やダイエット効果に対しても大きな期待が持てることで最近注目を集めています。
オルニチンの美容効果についてはこちらのサイトで詳しくまとめられています。

シジミには多く含まれていますが、適切な量を食事から摂取することは難しいですので、サプリメントを上手に利用するなどして健康に美容に役立てたいですね。