オルニチンはサイクルによって機能が働く

最近メディアなどで取り上げられているオルニチン。
アミノ酸の一種で、肝臓で解毒作用に役立つとされています。
そのためアルコールの摂取量が気になる方が注目しているイメージがありますが、疲労回復や健康促進にも役立っているのです。
オルニチンの働きについて調べてみました。

オルニチンは、摂取すると腸で吸収されます、そして肝臓や腎臓、筋肉などに運ばれると重要な働きをすることが知られています。
もっとも代表的なのが、オルニチンが促進させるサイクルです。
摂取して肝臓までたどり着くと、アンモニアを働かせる経路でアンモニアの解毒を促がします。
これをオルニチンサイクル(尿素回路)というものです。

アンモニアは生命活動や脳を活発に働かせる主なエネルギーの源でもある、グルコースの生成を妨げる物質です。
また疲労の原因物質でもあります。
アンモニアの解毒を助けることで、脳や体を活発に働かせ、疲れない健康な身体づくりに貢献しているのです。
オルニチンが増えるほどオルニチンサイクルは活性化されるので、肝臓の手助けにつながります。
しじみなどに多く含まれていますが、効果的な量を摂取するにはしじみを1500個近く食べる必要があります。さすがに無理ですね。
サプリメントなら無理なく摂取できるのではないでしょうか。