しじみから摂れるオルニチンとは?

昔から、二日酔いにはしじみ汁と言われているほど、定番のしじみです。
しじみにはオルニチンという成分が含まれていて、肝臓に直接働きかけることで解毒作用や代謝が向上され、疲れにくい身体づくりに期待ができます。
この他にもしじみにはカルシウムやビタミン類も豊富に含まれています。

オルニチンという成分は肝臓の機能を活発にさせるので、お酒を飲む方には良い食材としても親しまれています。

最近では成長ホルモンの分泌を促すことから、美容やダイエットを気にする方々からも注目の成分です。
美容効果http://www.hyuga-yeg.jp/biyoukouka.html
ダイエット効果http://www.iimachi-akita.jp/daiextuto.html
についてはこちら。

しじみhttp://partusfilms.com/tyourihouhou.htmlに多く含まれているのなら、しじみを食べていれば、オルニチンを摂取することは簡単なのでしょうか?
オルニチンの1日当たりの摂取目安量は400mg~800mg程度が適当と考えられています。

安全性が高く、多く摂取しすぎてもさほど問題がないことから、1000mgぐらいまで摂取することはできます。
しじみ100gに対してのオルニチン含有量は10~15mg。
100gでしじみは30個前後なので、摂取目安量をとるには千単位のしじみを食べることになってしまいますね。

また、しじみの次にオルニチン含有量の多いとされるまぐろでも2~7mgと微量です。
オルニチンのことだけを考えて食事から摂取しようとすると、栄養バランスが崩れてしまう可能性があるので、難しいですね。
そのためサプリメントなどを利用すると効率よく摂ることができますよ。